CPEケンブリッジ英検C2Proficiencyとは?

● CPEケンブリッジ英検C2Proficiencyとは? こんにちは。田村恵理子です。 この記事ではケンブリッジ英検のCPEについて、まとめます。 ケンブリッジ英検CPEについて公式サイトの説明はこちらです。 なお、CPEは、ケンブリッジ英検以外のものを指す場合もあります。 生産技術者マネジメント資格もCPEですし、日本公認会計士協会の継続的専門研修制度もCPEです。 ウィキペディア英語版のCPEの項には30以上、掲載されています。 アルファベット3文字ですから、仕方ないですね。^^; CPEとは?ケンブリッジ近郊の風景

ケンブリッジ英検とは?レベル

ケンブリッジ英検の各レベルは、言語レベルの指標であるヨーロッパ共通参照枠 CEFRに準拠しています。 ケンブリッジ英検以外のテストについてのCEFRとのレベル比較は、機関によって違う場合があります。

ケンブリッジ英検 CEFR 英検 IELTS TOEFLiBT TOEIC
CPE C2      
CAE C1 1級 7.0−8.0 95−120 945〜
FCE B2 準1級 5.5−6.5 72−94 785〜
PET B1 2級 4−5 42−71 550〜
KET/YLEflyers A2 準2級     225〜
YLE movers A1 3級以下     120〜

ケンブリッジ英検はイギリス英語のイメージがありますが、リスニングデストでは、イギリスの他にもオーストラリア、北アメリカ、等のアクセントが含まれています。(要確認) スピーキングテストは、2、3名で受験します。 なお、この他にも、Cambridge Assesment のビジネス向けのBULATSという試験もありますが、2019年で終了し Linguaskill Business というテストになります。

ケンブリッジ英検CPEの種類と内容

CPE試験には、紙版 Paper-based の検定と、コンピュータで受ける Computer-based 検定があります。 公式ページのCPE検定内容説明は、こちらです。

ケンブリッジ英検CPE検定の会場、日程

世界130国に約2800の試験センターがあります。試験日程は、CPEの場合、世界統一の日程となります。他のレベルでは各会場別の日程もあるようです。 試験センターはこちらから検索できます。 日本の試験情報は、こちらです。

ケンブリッジ英検CPE検定の費用

CPE、CAE、FCEともに、27000円(消費税8%)です。 消費税が10%になった場合、27500円となります。 なお、締切日以降、約1週間の間に申し込む場合のレイトエントリー費用もあります。追加で5400円です。 消費税が10%になった場合、5500円となります。 なお、

ケンブリッジ英検CPEの結果

CPEの結果は、 4技能と use of English それぞれについて、スコアが示されます。また、それらの平均が overall result として示されます。 CPEの結果は、 4技能と use of English それぞれについて、スコアが示されます。また、それらの平均が overall result として示されます。

点数 レベル CEFR
220-230 C2
213-219 C2
200-212 C2
180-199 C1 C1

よくある質問FAQ

ケンブリッジ英検のCPEは、CEFRのどのレベルになりますか?

ケンブリッジ英検のCPEは、CEFRのC2レベルです。

CPEとは、何の略ですか?

Certificate of Proficiency in English の略です。ただし現在では、C2 Proficiency と呼ばれています。

ケンブリッジ英検CPE検定の受験料はいくらですか?

締め切り前に申し込む際は、27500円です。(消費税10%の場合)

タイトルとURLをコピーしました