初受験!HSK4級受験記と結果2018年3月

初受験!HSK4級受験記と結果2018年3月

迷ったあげく、申し込み最終日に、HSK4級に申し込みました。

そして、初受験して来ました。

HSK4級の試験会場は、亜細亜大学でした。2018年3月

HSK4級会場は、亜細亜大学でした。

駅から、ムーバスに乗りました。

HSK会場の亜細亜大学へ向かうムーバス

HSK受験会場の亜細亜大学2018年3月

HSKの試験時間

2018年3月のHSK試験の時間は、以下の通りでした。

2、4、6級
9時10分受付開始
9時30分試験開始
1、3、5級
13時10分受付開始
13時30分試験開始
口試(HSKK)中級
16時20分受付開始
16時40分試験開始
口試(HSKK)初級、高級
18時00分受付開始
18時20分試験開始

HSK4級受験の解答用紙2018年3月

解答用紙の表面は、このような感じです。マークシートと、記号の解答欄があります。

解答用紙の表面は、このような感じです。記述式の解答欄があります。

HSK4級の解答、採点

HSKも、TOEICテストと同様に、問題用紙は回収されてしまい、持ち帰り不可でした。

そして、解答も、もらえませんでした。

HSK4級受験の感想2018年3月

リスニング

TOEICのように、引っ掛け問題は、ありません。

内容が、全部わからなくても、なんとなく正解は選べる感じです。

閲読

発音が分からなくても、正しく書けなくても、なんとなく意味が分かるのは、漢字文化圏の強みですね。

日本人でしたら、得意な方も多いのではないでしょうか?

私も、一番、得意なパートだと思います。

並べ替え

得意な閲読パートの中でも、やや難しいと感じるのが、並べ替えです。3つの文を、正しい順序に並び替えます。

書写

私は、ふだん書くトレーニングをしていません。話せれば良いと思っているからですが、いざ書こうとすると、本当に中国語の漢字が書けないなと実感しました。

見て分かる漢字も、いざ書こうとすると、思い出せないのですよね。

簡体字と、繁体字は、どちらでも良いけれども、混ぜてはいけないようです。

作文

絵を見て、好きなように文を作ります。かなり自由度が高いです。

知っている漢字や単語で書けるわけですから、易しいとも言えます。

ただし、私は、中国語の漢字が書けなくて、かなり日本語の漢字を混ぜて書きました。

HSK4級の結果、合否、合格点、合格率、2018年3月

2018年3月24日のHSKの結果は、4月26日にネット発表でした。

合格しました!4級は6割、すなわち180点で合格です。

やはり、嬉しいものですね。

番号は、消しています。

タイトルとURLをコピーしました