オランダとインドネシアの歴史の物語「ウールフ、黒い湖」ヘラ・S・ハーセ 、 國森 由美子

● オランダとインドネシアの歴史の物語「ウールフ、黒い湖」ヘラ・S・ハーセ 、 國森 由美子

現代のオランダ

オランダには、様々な人種の人が住んでいます。

スリナム、インドネシアなど、旧オランダ領の出身の人も多く住んでいます。

インドネシア料理レストランも多いです。

インドネシアとオランダの歴史

大航海時代、スペイン船などヨーロッパ諸国の進出 16世紀

香辛料貿易の利益を求めて、ポルトガル、イギリスなど。

オランダ東インド会社により植民地化スタート 17世紀

1602年、オランダ東インド会社がジャワ島のバタヴィアに進出し、植民地化に乗り出しました。

旧オランダ領東インド=現在のインドネシア です。

オランダ本国による植民地直接統治 19世紀

オランダ東インド会社が解散し、オランダ人によるプランテーション経営が広まった。

日本軍がオランダ領東インドに侵攻、占領 1942年

インドネシア共和国が独立宣言 1945年

 

「ウールフ、黒い湖」刊行 1948年

オランダ全国読書週間の際に刊行された。

ハーグ協定 インドネシア連邦共和国 1949年

オランダが、インドネシア連邦共和国への主権移譲に同意。

17世紀から続いたオランダ領東インドの終焉

インドネシア共和国 1950年

画像をクリックすると、アマゾンの「ウールフ 黒い湖」の詳細ページにジャンプできます。

タイトルとURLをコピーしました